年賀状を買いに行くつもりが行けないかも知れない

本当は書きたくないのですが、今から年賀状を書かなくてはなりません。
体調が悪くて年賀状が書けなかったので今年は年賀状を作らなかったのですが、私に送ってくれた人が沢山いたので親に「貰った人にはちゃんと出しなさい」と言われたので面倒でも出すしかありません。
けど私は体調が悪く机で年賀状作業に没頭するのはとても苦痛です。
でも痛みを紛らわせながら頑張って書くしかありません。
肝心な年賀状はまだゲットしておりません。
明日買いに行くつもりだったのですが、やっぱり痛みが出ているので外出をするのが苦痛です。
母が朝用事があって出掛ける予定があるようなので母に買って来て貰うことにしました。
もうこの際絵柄はどんなのでもいい から任せます。
でも本当はやっぱり自分のセンスで年賀状を選びたかったですね。
自分が可愛いと思う物を届けたかったです。
値段は確か5枚入りでいくらだったかな…。
10枚必要なのですが、多分2000円くらいはかかってしまうと思います。兼業主婦 借りれる カードローン

日馬富士が若手力士に怪我を負わせた事件、色々な情報が出て来ましたね。

日馬富士が貴ノ岩に暴行して重傷を負わせた事件ですが、だんだんと出て来た詳細を見るとやはりそうか、といった印象を受けます。今回の事件でどこか日馬富士が擁護される風潮が強く、貴ノ岩をかばう声があまり聞こえてこない印象がありました。今回の暴行に至った経緯を聞くと納得です。白鵬の友人を含めて飲んでいた時に白鵬の事を悪くいったり、大声で若手を説教するなどしていたそうです。そしてそうした事を伝え聞いた白鵬は生活態度を改めるように言ったそうです。そしてその時に貴ノ岩は白鵬の話の最中にも関わらずテーブルの下でスマホをいじっていたのだとか。挙げ句の果てに話の最中にかかって来た電話に出ようとしてそれに見兼ねた日馬富士が怒ったと。更にその説教中にも電話に出ようとした事で日馬富士も堪忍袋の尾が切れてしまい貴ノ岩に暴行した。という事のようです。この話を聞くと、日馬富士が暴行し、怪我を負わせたのは勿論ダメなんですが、これで日馬富士が怒られてはあまりに可哀想な気がします。正直言う事も聞かず生活態度も悪い人物にまで手を出してはいけないというのはやり過ぎというか、過保護すぎだと思います。言う事を聞いても殴られるのはダメですがこういった言うことを聞く気もない人物が無駄に守られる風潮は変えなければならないと思います。漢生爽楽 アットコスメ

まるで村上春樹の小説の中の登場人物のように

昨日の仕事中は、妙に作業に集中することができて、とてもよく仕事が捗りました。
「全能感」というと大げさかもしれませんが、なんとなくそんな感じがしてしまいました。
これをやったらあれをやって、あれをやったらこれをやって、これをするとどうなるかというのがわかる感じがするんですよね。
なので、次やるべきことや、いま気を付けなければならないようなことが、まるで手に取るようにわかるのです。
こういうことはそれほど頻繁ではありませんが、不思議と頭の冴えた感じがする日というのがときどきあったりします。
いま、昨日の仕事ぶりのことを振り返ると、なんだかとても淡々とそつなくこなしていたなと感じます。
まるで村上春樹の小説に登場する主人公のようだな、と思ってしまいます。
毎日このくらいのペースで仕事ができていれば、きっと残業も少なくなるだろうし、もっとできることはいろいろあると思います。
でも、自分でしようと思ってでいるものではないというのが悩ましいところなんですよね。