スタッフに間違われるのです

お職場でよく店員さんに間違われてしまう。内側仕事場、CD仕事場、レンタル屋君、カフェ・・お職場を並べてみると頷けるのですが、そんなお職場の店員さんって、白いシャツに黒いショーツですね。まさに自分も、モノトーンのセッティングが好きで、それに迫るカタチをしているのです。間違われても仕方ないですね。「すいません、○○はどこにありますか?」とか「禁煙卓は何れですか?」とか「便所はどちら?」とか、そう聞かれて、「いえ、それぞれは店員じゃないので」なんて応じるのは野暮ですよね。答えられる会社だったら、充分教えてあげますよ。そんなときは、もはや店員になりきって、言い方から自分のこなしまで、充分やります。仲間はこちらのことを完全に店員さんですからね。いい加減な対応したら、お職場の空想が悪くなってしまいます。前に、お爺さんに「便所は?」を聞かれて、付き添って行ってあげたこともあるのです。